爪のケアと食べ物

コラーゲンやたんぱく質を補いましょう。

 

爪が丸くなったり大きくなってしまう症状には、ばち指やヒポクラテス爪が考えられます。
ばち指やヒポクラテス爪は、あなたが大きな病気にかかった時にはなってしまう症状です。
例えば、心臓の病気や肺の疾患、またガンや糖尿病などの、どなたにも身近な病気にかかった時には、ばち指やヒポクラテス爪にかかってしまうことが分かっています。

 

 

ばち指になったら、どうして自分がなったのかその原因を考えて、正しい治療をやっていかなかったらいけないのです。

 

そして、ばち指になったら、根本的な病気の治療も大事なものですが、それと同時に、爪の健康にも気を配ることが大事な習慣になってきます。
爪が病気のせいで弱くなっていますから、爪自体も強くするようにしなかったらいけないです。

 

 

爪は人間の皮膚の一部で、ケラチンというタンパク質が主な成分でできています。
食べ物からもたんぱく質を十分に補給して、ばち指になっていても爪の強度を高めていくことが必要です。

 

 

たんぱく質の中でも、爪の健康維持に欠かせないのはコラーゲンです。
コラーゲンが足らなかったら、爪が乾燥をしたり割れやすくなったりしてきます。
ばち指になった方は爪の補強をする意味からも、コラーゲンやたんぱく質を十分に食生活から補っていくことがいい方法です。